風のいちにち

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次の季節 

2013.02.15


130215
 

          
     次の緑生い茂る季節には、札幌のあの大通のあのステージの傍らに変わらずに

     たおやかにたたずんでいるであろうあの大きな木に、私は必ず会いに行く。  そうして


     「この木はわたしの木」 。

     
     そう言ってノースリーブのか細い両腕を精いっぱい広げて幹を抱きしめた夕暮れの、

     とても華奢だった彼女の姿を想うのだ。
 


130215-1  
    

    
     遅れてごめん。

     ( い~のい~の。 さっ!呑みにいこ!)

     そんな昔とかわらない華やぐようなさびしがりやの声が、緑色のざわめきにまぎれて

     きっと聞こえる。 そしてギザギザ前髪の大きな笑顔がはっきりと、よみがえるだろう。

     
     こんなにも私は遅れた。 遅れすぎた。 ごめん。 千穂ちゃん、大好きだよ。 






スポンサーサイト

たまに懐かし 

2011.03.11


110311
 


     いちにち中エプロンひっかけて、雪に負けないごっつい靴で足もと見ながらころばぬように

     モサモサと小さく歩くようになった今、ぴしーっと背中伸ばしてキリリと前見て

     信号待ちする都会の人を見かけると、ちょっと昔を懐かしく思ったりします。

     見た目カッコいいと思うのは、間違いなく大股でスクランブル交差点の人の間をすりぬけて

     びゅんびゅん歩いてた昔の自分のほう。 でもまぁ総合点では、今の方がちょっとくらいは

     いいんじゃないのと少し甘めの点数つけて。

     ただ夫には、ずいぶんともっさりしてしまってごめんよーと、心の中でひそかに

     詫びておりますが。





遠い記憶に出会う場所 

2011.03.02


     今さらなのですが、岩手はとても不思議なところです。 

     というのも、 この土地では突然不意打ちのように


     
     時をこえて


110302
 

     
     はるか昔、記憶の彼方に置いてきぼりにしていた場所に

     迷い込んでしまうことがあるから。


110302-8

  
     炭酸の泡がはじけて、消えていく音。 

   
110302-6 
     

     りんごのうさぎの、赤い色。


110302-3 
     
 
110302-4 
 
     
     
     今は冬。 そして私はモコモコのダウンを着ている。

     なのに、この場所にいるあいだじゅうずっと夏の日差しがまぶしいような

     蝉の声が聞こえるような、じわりと首筋に汗がにじんでいるようなそんな不思議な

     感覚にとらわれていました。

     何故なんだろう? 家に戻ってからもぼんやりと考えていたら、3日たってようやく

     その理由がわかりました。

     きっとそれは幼い頃、ドライブ好きだった父の運転で旅行していたのが夏だったから。


     
        
        よろしければコチラもどうぞ →  「最近、ドライブインには行ってますか?」








ほんとのところ 

2011.02.16


110216
 

     私にとって、自然のなかに身をさらして働くこの土地の人たちのイメージは最初


110216-1 
     
     こんなふうでした。 ひたすらに耐える、忍耐強い。 

     でも最近は、ちょっと違ってきました。 

     この地に生きる男のひとも女のひとも本当のところは、


110216-2 

    ごっつい。 どーん!としている。 

    堂々とそこに存在していて、動じない。 まさしく岩手の「岩」のように。


110216-3 

     
     でもそんなこと、ぱっと見は全然わかんないんですけどね。 ただ人がよさそうな印象だけで。

     そして 「しっかりしてそう」とたびたび言われる実際軟弱モノの私は、 そういうたくましさに

     とても憧れています。

     だからこちらこそ、ぺこり。






ひとりじめ 

2011.02.08


110208 

     
     自分ちだけのためにかかる橋って、いいなぁ。

     郵便屋さんも、宅急便の配達も、回覧板も、いろんなひとがそこを渡ってやってくる。

     それを湯気で少し曇った部屋の窓から眺めている。

     ノラ猫も、迷い犬も、やってくる。 カモが渡るのなんてすごく可愛い。 クマも、いやクマは、、

     「白くて小さいの限定でお願いします」の看板でもたてておこうか。
     




 | HOME |  »

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。