風のいちにち

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなの初めて 

2011.03.03


110303
 


     いなせなイラストの新聞広告に否が応でも目がとまる。 

     これは、、「第3回股旅舞踊歴代優勝者大会」!! わー。 

     股旅舞踊って、普通、温泉旅館の大広間の舞台とかで披露されてたりするもの?

     この私のあやふやなイメージすら、いったいどこからきたものかわからない。

     気になる。 今、きみまろさんの爆笑スーパーライブよりも、気になっています。

  




スポンサーサイト

ここだけの味 

2010.11.19


     岩手の中でも 「県北(けんぽく)」 と呼ばれるこのエリアでしか食べられない

     うちたての「生」そばかっけ。 


101119


     冬の間は冗談でなく私の頭はコレのことでいっぱいなので、 今までどれだけたくさんここで

     紹介したのか振り返ってみると、たった2度!? アレ?おかしいなぁ。

         1回目 → 去年11月

         2回目 → ついこのあいだ


     その名はそば打ちのときにできるそばの「かけら」を使ったことから由来しているらしいので

     結局は蕎麦の作り方と同じ。 けれどこのエリア独特の材料配分や生地を三角形に切る手順も

     今朝の岩手日報に載っていたので、備忘録という意味も込めて書いておきたいと思います。


101119-1  


     ~ 以下、本日付の岩手日報より転記 ~
    

     【 材料 】 (4人分)

      そば粉500g、 卵1/2個、 木綿豆腐200g、熱湯1/2カップ

      ニンニクみそ ・・・ ニンニク 20~25g、 みそ100g、 酒適量

        ※ 豆腐と卵を加えるのは、かさを増して栄養豊富にするために受け継がれてきた

           レシピだそうです。


     【 作り方 】

      1) ボウルにそば粉約300gを入れる。

      2) そば粉にくぼみを作り、熱湯を注ぎ、はしで混ぜながら団子を作り、ボウルの隅に寄せておく。

      3) 再びくぼみを作り、とき卵を入れてそば粉と混ぜて団子を作り、隅に寄せておく。

      4) 再度くぼみを作り、手でほぐしながら豆腐を入れてそば粉と混ぜて団子を入れる。

         ※ ちょっとわかりづらいですが、おそらく2)でそば粉300gを一気にまとめず、
           
            3回に分けてまとめるということだと思います。 木綿豆腐も水切りしたものや

            カタい豆腐がいいと思います。


      5) ボウルにそば粉約100gを加え、2)3)4)をこねてまとめる。耳たぶくらいの硬さになるまで

        そば粉を少しずつ足しながら約15分~20分こねる。

      6) そば打ち台の上にまとめた生地をのせ、手のひらで円盤状に伸ばす。

      7) 残ったそば粉を打ち粉として生地にふりかけ、のし棒で丸くのばす。 広がったらのし棒に

        巻いて伸ばし、厚さ約1ミリにする。

      8) 生地を三角形に切る。

      9) 好みの量のニンニクをすり、みそと酒を混ぜてニンニクみそを作る。

     10) そばかっけをゆで、ニンニクみそをつけて食べる。

         ※ ゆでるときは一枚ずつ入れて、浮いてきたら食べごろ。 我が家では、行きつけの

            呑み屋さん方式で薄く切った大根も一緒に入れています。


     ちなみに、のし棒に生地を巻いた上から切り開くという、三角形に切る手順が面白い ↓     

101119-2


     
     紙面で指導しているのは以前紹介した、水車でそば粉をひく 「森のそば屋」さん

     家で食べるときは、いつもここのそばかっけを買っています。 1パック2人前、550円!
 
     遠く離れた家族友人にも食べさせてあげたいけれど、通販でどこでもなんでも手に入る

     このご時世においてコレは全く日持ちしないので、送ってあげられない冬限定、地域限定品。 

     もしもいつかこの町を離れる日がきたとしたらまっさきに、かっけが食べられなくなる~!って

     悲しくなるくらいに大好きなもの。


     今やご自宅で蕎麦を打つ人も増えているとか。 もしもお友達でそういう貴重な方が

     いらっしゃったら、お願いして是非この季節に試してみてください。

     さむーーい夜に湯気を立ててふうふうと、お酒のみつつ。

  

応募シマシタ。 

2010.10.21


     岩手日報に載っていた、JA全農いわての広告。

     クイズに答えると豪華賞品が当たるらしい。
 

101021
 
  
101021-0
   

     米俵積んだ軽トラが。 

     応募はコチラ → いわてのお宝ゲットでまんねん!

     
     当たったら、これ乗って故郷に錦を飾りたいと思います。 


サミットは大盛況 

2010.10.03


101003
 

     
     きのうはピーカンの秋晴れの下、


101003-1 

     
     町と岩手県主催で開かれた「山ぶどうサミット」をのぞいてみました。 

     何度も新聞の折り込み広告がはいったり、紙面に告知が掲載されたりして

     どうやらかなり大きなイベントのような。 でもなにせアクセスが不便なこの山間の町、

     ちゃんと人が集まるんだろうかー?と心配していましたが


101003-2 

     
     なかなかの盛況ぶり! 近辺の地域からもたくさんの出店があって、 


101003-3 

     
     チーズケーキなどのお菓子の試食や山ぶどう酢の試飲、


101003-4 


     原液を使ったお赤飯や山ぶどう酢のちらし寿司の試食もあって、遠くからたくさんの人たちが

     訪れている様子。私も撮影そっちのけでこの町で初めて見る行列に並んだりして。

     ヨカッタヨカッタ!


101003-5 


     山ぶどう以外にも、車で2時間半もかかる海の美しい山田町からやってきた


101003-6 

     
     蒸しガキ5個セット300円ナリ。 山の中では普段食べられない貴重な海の幸!


101003-7 

     
     うちの町のモノなのに、普段はなかなか食べられない高原牛や


101003-8 

    
    こちらもなかなか口にできない短角牛のメンチカツも美味い!

    「普段はイオンで販売しています。」 

    最寄りのイオンまで、ここからは車で峠を越えて一時間~。 いま食べちゃおう食べちゃおう!


101003-9
     

     通常のぶどうよりポリフェノールが8倍、鉄分3倍、ビタミンCも豊富に含まれる

     山ぶどうは、岩手が日本一の生産地。 この山ぶどうを主原料とした銘柄もある

     わが町の「くずまきワイン」、 今は都会のレストランでも取り扱うお店が増えて

     いるようです。 もし見かけることがあったら、どうぞ御贔屓に。

     

     

今回はご縁なく 

2010.10.02


101002
 

     
     こちらのローカル新聞「岩手日報」に、盛岡の中津川で鮭の遡上が始まったと

     いう記事がアリ。  これは見たい! 興味津津で早速やってきました。


101002-1 

     
     中津川にはたくさんの橋がかかっています。 ここからなら見られるんじゃないかと

     もくろんでいた市内中心部の橋から見下ろしてみても、あいにく鮭の姿は見当たりません。

     甘かったか。 ずっと川を見下ろしていた盛岡市民の方から情報を得て、秋晴れのもと

     川に沿って上流へ歩いていきます。  


101002-2 

     
     コレ何? まつぼっくり???



101002-3

     
     何もそんなギリギリのところ歩かなくてもねぇ。
 

101002-4 

     
     30分以上歩いても、そして車に乗ってさらに上流まで行ってみても目撃できず。

     もっとちゃんと下調べしとくべきだったなぁ。 残念だったけど、また来年。

     気持ちのいいお散歩でした。

 

 | HOME |  »

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。