風のいちにち

<<笑顔全開  | ホーム | てんこ盛り>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各駅停車で 

2009.10.19


   「ノミの夫婦」

   そんな言葉がふいに浮かんだ。

   新宿発の小田急線各駅停車は、いつものように空いている。

   町の雑踏にもまれてくたくたになった私は、荷物を無造作にシートに置いて深く身を沈め、ぐったりと

   目を閉じた。しばらくすると電車がゆっくりと動き出す気配がして、地上の光に触れた瞼の裏は

   徐々に明るくなり、私はぼんやりと目を開けた。

   向かいの3人掛けシートは、右端の大人一人分のスペースがデパートの大きな紙袋に占領されて

   おり、隣に50代半ばくらいの肉づきの豊かな女性が堂々と腰をおろしていた。そして女性と車両の

   壁の隙間にもぐりこむようにして、彼女の夫と思われる細身の男性が、窮屈そうに背中を丸めて

   座っていた。買い物にいやいやつき合わされた、妻の尻にひかれているであろう気の毒な旦那さん、

   という設定が、私の中にできあがった。彼はうつむいて、左手に持った粗末な2、3枚の紙切れに

   何かを書いていた。膝の上に荷物はない。くたっとしたグレーのトレーナーに綿のパンツは、ラフと

   いうよりどちらかというと粗末で、「かまってない」印象だ。そんな姿から、まぁ、遠くに帰るわけじゃ
  
   ないんだろうなどとぼんやりと思いながら私はまた目を閉じた。


    各駅停車


   10分くらい過ぎただろうか、自宅のある駅が近づくアナウンスがあり、私は再び目を開けた。そして

   何気なく向かいの席に目をやった。

   紙袋と女性の姿はない。

   「ノミの夫婦の旦那さんのほう」だけが、広くなったシートの端に、相変わらず窮屈そうに座っていた。

   「なんで奥さんだけが先に降りちゃったんだろう?」

   一瞬疑問に思ったが、私の後ろの窓の方向を時折見上げて何かに思いを巡らせている彼の表情と、

   相当な集中力であいかわらず何かを書き留め続けているあの小さな紙切れを交互に見返して、

   私は小さく「あ!」と心の中で叫んだ。

   彼の顔を、私は知っていた。テレビや雑誌で何度も目にしたことがある。

   それはまさしく、名前を聞けば知らない人はいないであろう、著名な詩人のあのひとだ。

   20代の初め、私は彼の分厚い詩集を当時の自分としては相当に思い切って買った。それから

   長い間にどこに越してもずっと手元に置いてきた。ここ数年は開いていない、薄く黄ばんだその本が

   急に浮かび上がった。

   「え、夫婦じゃなかったの?」

   「なんでゆったり座んないの?」

   「なんでせめてメモ帳じゃないわけ?」

   「なんでそんなカッコなの?」

   偉大な詩人の創作現場を目の前にして、私の「?」は、なんと陳腐でイミのないものであろうか。

   車体が揺れて電車が止まり、ドアが開く音がして私はあわててホームに降りた。

   せわしなくドアが閉まり、その人を乗せた電車は加速度をつけながら遠く離れてゆく。

   電車を見送ってしばらくすると、たくさんの「?」はどこかに消えてしまっていた。

   「詩人って、紙切れでもいいんだなぁ。」

   「詩人って、いつでもいいんだなぁ。」

   「詩人って、なんでもいいんだなぁ。」

   「詩人って、すごいなぁ。」

   ようやくたどりついた、だがまたしても陳腐な結論に妙に納得しながら、私はとぼとぼと家路についた。

   

スポンサーサイト

コメント

 

詩人、歌人は一番純粋な人しか成れません。
それは唯一、人と呼ばれるからです。
あとの人は、作家、画家、音楽家、書家、実業家、建築家等々、
皆、家持なのです。
詩人、歌人は純粋な人なのです。

 

寒太郎さん もしかして、詩人さんですか?

 

誰でも知ってる著名な詩人・・・う~~ん・・誰なんだろう~~
眠れないよー。

ほんと、ののもんちゃんはすごいね!

 

しな 知らん人、おったりして。爆  褒められて伸びるタイプです。笑

 

嘗て、心が荒んで廃人同様の時がありました、そこに望みの女神が現れ、
「一本の筆、一枚の紙を持ちなさい、そこに心を書くのです。」と述べられ
そこから俳句を詠むようになりました。
今は、俳人です。

 

寒太郎さん おお、俳人さんでしたか!いつも含蓄のあるコメント、ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nonomon15.blog71.fc2.com/tb.php/16-36a41e8d

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。