風のいちにち

<<ちゃんといる  | ホーム | おイモの名前>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の一部にはちがいない 

2010.04.12


     先日読んだ、岩手日報の社説の出だしの文章が

     きょうはずーっと頭の中にありました。  以下、引用させていただきます。



harunoi


               北国の春は、いやになるほど歩みがのろい。


harunoi1

               
               このもどかしさは、気持ちに足がついてこない時の感覚に似ている。


harunoi2

                
               でも 「もう冬ではなくて


harunoi3

               
               春の一部にはちがいない」 と、 
    

harunoi4

 
               高村光太郎は1951年3月に雑誌に発表した随筆

               「山の春」 に書いている。



     これだけのことなのですが。

     去年の春に訪ねた、花巻にある高村山荘のことを思い出しながら

     「春のいちぶ、春のいちぶ」

     頭のなかで何度もそう繰り返しながら、

     この町で生まれ育ったひとたちが薄着で歩くなか、私だけがきっちり冬とおんなじダウン着て

     風吹くいつもの散歩道を歩いておりました。 

     さむ。

     

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nonomon15.blog71.fc2.com/tb.php/213-e6467401

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。