風のいちにち

<<順番待ち  | ホーム | 日曜日は定休日>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬がいた場所 

2010.06.09


     山あいの土地では、季節によってその風景はがらりと変わります。

     それはもう、全く別物。 

     例えば、つい数ヶ月前までゴツゴツと冬の輪郭をはっきりと見せていた山々が


100609-0  

     
     今や



100609-1 


     こんなふう。 

     何倍にもボリュームアップして、ひとつの巨大な塊となって目の前に迫ってきます。 

     ぼおっとしていたら、全く違う場所を走っている気になります。

     自然はすごい。 というか、ほんとうにオソロシイ。

スポンサーサイト

コメント

 

冬場は、すっぴんではなく、微かにファンデーションのみ、
しかも稜線がくっきりして、岩手美人のようです。
まるで拙者の大好きな墨絵のようです。

春になると、やや色気付いて、化粧が濃くなります。
つまり地肌が見えなくなり、凹凸間が無くなり、
特徴の無いスナックのママの様に見えます。

これって?男のエゴですか?

 

東戎さん
そうなんですよー。笑
冬の山はほんとうに厳しくて美しくて
車の中や家の中にいる限りはなにも問題なく、その美しさたるや、
あぜんとするばかりなのです。
今の時期の山は、「あれ、あなたってこんな体型してたっけ?」みたいな。笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nonomon15.blog71.fc2.com/tb.php/271-13b92056

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。