風のいちにち

<<ジャムをつくる  | ホーム | 午前9時7分>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽くヘコんで、もちなおす 

2010.10.15


     2日ぶりにヒラタさんのそば畑の前を通りがかったら

     ついこのあいだまで整列していた“シマ”がかたづけられて、ナント脱穀も

     終わっていた。  がーーーん。 

     お手伝いするつもりだった、というよりやってみたかった、脱穀。

     「こないだ晴れた時に手伝いの人きてやっちゃったんだわ~。」 そ、そうですか。

     そりゃそうだ、農作業なんてのはおてんとさまと作物の具合をうかがいながら突然やるもんだ。

     前もって予定なんてたてられるもんじゃない、そっかそっかよそ者だしなぁ私なんて

     軽くヘコんでいたら、それを不憫に思ったか

     「さといも、やるか?」 とのお言葉。 はい、やる、じゃない、いります!

     里芋がどういうふうになってるのか見たかったんです! ノコノコと畑について行く。

         

101015
 

     
     これこれ。ハスの葉みたいに立派で、ずっと気になっていました。

     里芋がこの下になってるなんて、信じられない。


101015-1 

     
     作業に専念していたため肝心の里芋がなっている写真はナシ。

     意外なことにじゃがいもみたいにゴロゴロとでてくるんじゃなくて、茎の下の大きなタネいもに

     くっついたでっかい土の塊のようなもの、その土をたたき落としながらまわりにくっついてる

     小さな芋をバリバリともぎとるかんじ。


101015-2 

    
     コレのまわりにゴロゴロと小イモがくっついてた。 

     「みどりいろのところを取れば食べられるよ」と、包丁でぐさり。


101015-3 

     
     売ってるのとは見た目が全然違って超ワイルドですね。

     今年は出来がとてもよくて、ぬめっててとても美味しいらしい。 今夜は芋汁にしよっと。

     
     少しヘコんでいた私、ようやく気持ちを持ち上げて、きっちり電話番号をお渡しして

     里芋のビニールぶら下げながら帰りました。 

     なにかあったらお電話いただけると嬉しいデス。 無理にとは申しませんけど。


スポンサーサイト

コメント

 

きっとまだまだチャンスはあるはず!(ぐっ)

 

ぴくるすさん
そうですよね。来年とか、さ来年とか、もっとさきとか。
アリガトウゴザイマス。泣&ぐっ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nonomon15.blog71.fc2.com/tb.php/396-4e3d27c7

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。