風のいちにち

<<風がやんで  | ホーム | ブドウみたい>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミになるまで 

2010.11.10


101110
 



     下 → いただいたクルミ。 割りやすく、一般的なクルミのイメージはこっち。

     上 → 裏の畑でひろったクルミ。 先端がするどくとがっていて中身は細長い。 

     で、上のクルミ、拾ったばかりの時はこんな感じ。


101110-1 

     
     ナンダコレ。 

     いや、クルミです。 これをビニール袋に入れて数日置いて、外側 = 「仮果」は

     柔らかく腐らせてから
     
 
101110-2 


     取り去る。 あっちこっち汚れそうだったので、バケツに水を用意して畑で作業。

     家の中も汚れないし、仮果が土に還るのも気分いい。 ここらへんのひとは

     みんな川岸でこの作業をするらしいけど、それもとても気持ちよさそうな。

     それにしても、まだこの状態では 「食べろ」といわれてもちょっと困るみてくれですが

 
101110-3 


     家の台所でひと風呂、じゃない、さっぱりと洗い流すと無事に見覚えのある姿になり

101110-4 


     その後一週間くらい乾燥させて、ようやく「売ってるクルミ」になりました。
 
     ちなみに、

101110-5

     
     このクルミ、産直ではとても綺麗に取り出した実を売っているのですが


 101110-7
 

     
     実は、殻 = 「核果」 が、おそろしく固い。

     電子レンジで加熱したり、フライパンで煎ったりと色んな方法試したけれど、どれもこれも

     不発だったため、かなづち使用といういちばん原始的な手段をとる。

     慣れないうちは悲しいかな、殻は粉々、中身もはるか遠くに飛び散って、
 
     「ナニヤッテンダ~、アタシ」 って情けない気持ちにもなったけれど、


101110-6

     

     何度か繰り返して、どうにかこうにか慣れてきました。 まぁ、お約束のように
 
     少し指を負傷したりしましたけれど。

     ただ一体どうやったらこの細長い中身 = 「仁」 を上手く取り出せるようになるか、

     それが今後の大きな課題です。

     そうそう、割りやすくて大きな実のクルミの木がこの町のどこにあるかも、是非突き止めたい。

     なんにしてもクルミって、大変。 でも、大好きだ~。


スポンサーサイト

コメント

 

くるみがなぜ高いか納得です。
でも私も大好き なんですよね~
スーパーで売ってるものと味の違いってあるんですか? 

 

ケンミンショーで くるみを2個もってにぎって割ってるの見たよ!
くるみのとがっているのをもう一個のくるみにあててた。
私は殻付きくるみが手にはいることはなさそーなので
のんちゃんはぜひぜひ習得してみてください。

 

ラグさん
下のクルミは、スーパーで売っているタイプと同じで味もそれと同じ。
上のクルミは、たぶんスーパーで売ってないと思います。産直でしか見たことないし。
たぶん、割るのすごい苦労する&食べるところ少ない!からかなぁ。味は、濃いかも!


しな
ケンミンショー、私も見たよ!
でもあれは、下のクルミ(一般的なやつ)にやる方法で
上のクルミはちがう種類で形もあんなに丸くない。
TVでやってたみたいに殻の継ぎ目にとんがりをあててもびくともせず。泣  
たぶん、もっと野生なんだわ。なにせ、固いの~。。 
産直でよく売ってるから、もっと簡単に割れれば喜んで買うんだけどねぇ。
達人に聞いても、やっぱりかなづち使うっていってた。。うーむ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nonomon15.blog71.fc2.com/tb.php/422-0f54788d

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。