風のいちにち

<<ひと晩降って  | ホーム | 師走のはじまり>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向こう側に行ってみる 

2010.12.14



     いつもの青い橋を渡って、川の向こう側に思い切ってやってきました。

     ここはまだ顔見知りのひとは誰もいない、足を踏み入れるきっかけになるようなお店もない

     全くなじみのない地域。


101214-7

     
     歩き続けると山の深くに入っていきそうだという気配よりほかには、なにもわからない。

     どこに通じてるのかも。人家はどんどん少なくなっていきそうだし、「誰だー!」って

     怒鳴られたりしないかな。 ちょっとおっかなびっくりです。


101214-0


     お天気がよくなかったら、来てみようなんて思わなかった。

     思ったとおり誰とすれ違うこともなく、しんとした道を歩き続けていたら、


101214-1


     タヌキみたいな猫に遭遇。 

     こりゃ、大物だわ。 イエ、大きさじゃなくて。 こっちが後ろにいることがわかっててなお堂々と

     ゆったりのっそり歩みを進めていく。 他の猫たちと全然違う。 


101214-2


     でもきっといつものパターン。 きづいたらどこかに消えちゃってるだろう。

     これで終わり、サヨウナラーと思っていたら、


101214-3


     おーっと。

     振り返って立ち止まり、距離をおいたまま、しかとこちらをうかがっている。

     まるで私がついてくのをわかってたように。

     でもやっぱり猫だからね、いつものように、ハイココマデヨーと。 あれ?
     

101214-4
 

     意外にも、近づいてくる。 

     この町の猫がここまで近づいてくるのは、ほんとに久しぶりのこと。

     もしかしてこの子はこのエリアのヌシなのか。  新参者を確認しにきたのかも。 

     ヌシさまに失礼とは思いつつも、思わず手を伸ばしてみると

     

101214-5 

     
     そこは流石。 鼻先まで近づけてきて、絶対触れさせてくれない。 

     どうですか、ワタシ、合格ってことでいいでしょうか。


101214-6 

     
     そんなこっちの気も知らず。

     ひとしきり新参者をチェックしたら、すぐ飽きたようです。

     それにしても落ちてるものをカラダ丸くしてペロペロなんて、ヌシさま。 


101214-8   
 
     
     立ち止まってたら、すっかり寒くなってきた。

     今日はここまで。 陽が当ってるときに、また御挨拶に参りますね。




スポンサーサイト

コメント

なんと 

ゴージャスな猫!!
探検お疲れ様でした

 

ラグちゃん
ゴージャス伸び放題、って感じ。雪国なんでねぇ。
この人慣れした様子は飼い猫みたいだし、手入れされてない風貌は、
ノラのようでもある。爆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nonomon15.blog71.fc2.com/tb.php/456-96af483f

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。