風のいちにち

<<2時間後  | ホーム | かろうじて青空>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナゾの同盟 

2011.02.02


110202
 

     
     去年盛岡のカフェ「クラムボン」で見かけてからずーっと気になっていた 「プリン同盟」の

      「イヌプリンカレンダー」。 先日偶然となり町にある石神の丘美術館のすみっこで

     巡りあい、2011年版をようやく手に入れることができました。


110202-3 

     こちらはプリンバッチの数々。
 
     プルドーザーとか虫プリンとか、いちいち笑える。 いちいち可愛い。

     迷いに迷ってようやく選んだのは


110202-1 

      「プルドッグ」 。 なんでそこまでプリンなの? いや、プリン同盟だからね。


110202-2 

     ひっくり返しておののく、そのオソロシク丁寧な仕事。 

     そっか、これは大量生産の販促グッズじゃなくて、やっぱりアート。 作品なんだ。


110202-4 


     さてこの「プリン同盟」 。 

     初めて知ったのは、2008年秋の北東北のエリアマガジン 「rakra (ラ・クラ)」にて。

     でも、いくら記事を読んでもネット検索してみても、いまいちその実態がわからない。

     ただひとつ否が応でも感じるのは、あふれんばかり、揺れんばかりのプリンへの熱き思い!

     けれど子供の頃に友達の家で出してくれたプリンをちょっと味が変だなと

     思いながらも完食し、その後数日間もがき苦しんだ悲しい過去を持つ私。
 
     一人前の大人になった今でもプリンに対する思いは少々フクザツ。

     こんな私がプリン同盟に興味を持っちゃったりして、今の平和な生活になんらかの

     支障はきたさないだろうか。

     なにはともあれ6月には、怯えを隠しつつその美術館で開催されるというウワサの展示会

     をたずねてみて、も少し実態を解明したいと思っております。 

       

     

     
     
スポンサーサイト

コメント

・・・不思議な世界 

プリンへの愛、すばらしいですね。バッジの裏の処理もおろそかにせずに、その丁寧なお仕事ぶりには脱帽。芸術は愛から始まる、ということを再確認させられました。新しい文化誕生!(プリンアートのプリンス?が作ったプリンも、素敵においしいのでしょうね)

 

ともちゃん
ええ、ほんと不思議な世界ですねぇ。
でもプリン同盟、今年で10周年らしいですよ。
新年にはプリンカルタ大会とかするらしい。歌とかもあるらしい。汗
こっそりのぞいてみたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nonomon15.blog71.fc2.com/tb.php/503-193839d1

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。