風のいちにち

<<たまに贅沢  | ホーム | 半歩ちかづく>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未経験 

2011.02.20


110220
 

     
     人が一心に薪を割っている姿、薪がつみあげられている風景が大好きです。

     それはこの町のあちこちで見かけるけれど、 「薪割りさせて!」ってお願いできるほど

     親しい人は、残念ながらまだいません。 

     まだ畑を始める前、興味津津なくせに畑にいる人に近づくことができなかったころの

     ように、その領域に安易に入っていけない気がしていて。 

     だからいつもこっそりとチャンスをうかがっています。 人のよさそうなおじさん、いないかな。

     
     いいな、薪。 したいなー、薪割り。 




      
スポンサーサイト

コメント

 

時代劇では、素浪人が薪割りで一宿一飯の恩を返したり、
西部劇では、ガンマンが同じく薪割りをしているシーンがあります。

しかし、この最後の「なた等での薪割り」は、全体の20%くらいの仕事です。
大変なのは、山から切り出してきたり、干したり、鋸で40CMくらいに切り揃えて
置いておく作業です。
これが大変なんです。


 

ぽん太さん
ガンマン薪割り!!うわー、記憶にあるような、ないような。
それにしても、ぽん太さん、何故にここまで詳しく御存じなのですか?
はっ!もしかして、前世の記憶?
ご主人の傍らでしっぽ振って見ていたとか!?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nonomon15.blog71.fc2.com/tb.php/521-1bebab4a

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。