風のいちにち

<<頼れるモノ  | ホーム | 帰りは晴れ>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふんふん歩く 

2011.04.17


110417-0
 

     ふんふんふん。

     強い風が吹く中で、石とか雑草とかをざっくりとって消石灰もまき終わり、ふうと一息。

     せっかく整えた畑をすぐに立ち去るのがさびしくて、もう一度ぐるりと一周歩いてみる。


110417 

     ふんふんふん。 玉ねぎ、にんにく、どんな具合かしら。


110417-1 

     いまのところはいい感じ、なかなか満足。  ふんふんふん。


110417-2 

     と、ふと背後に高くそびえる山、そのどこかでナニかが動く気配。 ふん?


110417-3 


     はい。 この中のどこかにヒトがいますよ。


110417-4 

     森ガール(古)? マタギ? いやいやきっと普通のおじさん。 

     それにしてもここまで自然と一体になることもなかろうに。 

     こーんな高いところにひとり、山菜採りでもしてるんでしょうか。 ふーん。


110417-5 


     そうそう、話はもどってこの間まで雪に埋もれていたうちのにんにく。

     これが羽根を伸ばすように、しっかりと太陽の光を集めるようにぐんぐんのびやかに

     成長を重ねている。

     その姿はまるで、チューリップのよう。 ふん? もしかして、チューリップだったっけ? 



スポンサーサイト

コメント

 

森ガール 笑っちゃいました
もうすでに 手慣れた感じですね

 

こんばんは

良い、凄く良い組写真ですね。
タイトルも良いナー、「ふんふん歩く」、良いナー

ところで、家の家庭菜園、放置状態です(トホホ)

 

ラグちゃん

もうね、こういうひとたちばっかりで。笑
で、やっぱり憧れます。ずんずんと身ひとつだけで
自然の中に分け入るひとたち。



washiayaさん

おはようございます!>遅&照
そうですか、大丈夫ですか、ヨカッタ。笑

いまさら思うに、この「ふんふん」は、
鼻歌まじりの「ふんふん」と、ナニかに対して毒づいてる「ふんっ!ふんっ!」
があわさっているものだったと。意味不明かしら。
しばらくこの感じは、続くと思います。

人によって違うと思うのですが、私にとって「土をさわる」ことは
何よりも「明日への希望」みたいなものを感じられるんですよー。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nonomon15.blog71.fc2.com/tb.php/575-1af44a2d

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。