風のいちにち

<<じきに5月  | ホーム | ちょっと失敗>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

板ガラスのころ 

2011.04.28

     大荒れだった冬が、残していったもの。


110428 


     そういえば小学生のとき、部屋の壁に向かって逆立ちの練習をしていて

     勢いよく振り上げた足が長方形の壁掛け時計のガラスにつっこんで

     スパーンと綺麗に足の裏を切ったことがありました。 

     しばらく忘れていたけれど、ガラスの切れ味って鋭いんだった。 そんなことを思い出すと、

     とうに消えたその傷跡がじんじん痛む気がします。 

     イテテテテ。






スポンサーサイト

コメント

 

ガラス、気をつけてくださいねー。私はちょっと前にコップを割って、割ったことも忘れた頃に撮りそこないのかけらがが一つあって指を切りました。

 

voyageさん

きれいに切れましたよ~>自慢
とりそこないはとってもアブナイー。気をつけて。
でも突然ですが、私、壊れるなら粉々に壊れてほしいタイプです。
未練が残らないし。ちょっとだけ欠けてしまうと、ウジウジします。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nonomon15.blog71.fc2.com/tb.php/586-2085d210

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。