風のいちにち

<<思いぐせ  | ホーム | まとまらないけど>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議の場所で 

2011.05.09


     ここは青森県三沢市の、

110509

110509-1
 

110509-2  

110509-3-1  


     寺山修司記念館、その入り口。

     もちろん内部は撮影できません。 でもそれでよかった。 私程度のフレームで

     この世界をおさめられるはずも、誰かにうまく伝えられるはずもない。

     それはそれは不思議の国。  いくつもある「机の引き出し」をこっそりあけて、

     懐中電灯のあかりで他人の秘密を探るような、怪しい愉しみにひたる場所。

     
     寺山修司さんについては アングラ演劇の人、写真も撮り、歌詞も書いた人、 

     そうそう昔々に 「力石徹」の葬儀委員長をやっていた相当変わった人、という程度の

     記憶しかありませんでした。

     でも今回とても親近感をもったのが、「短歌」で世に出た人だったっていうことです。
          


110509-4 


ふるさとの訛りなくせし友といて

モカ珈琲はかくまでにがし 


110509-15

110509-6  

110509-7 

110509-16 


ころがりしカンカン帽を追うごとく

ふるさとの道駈けて帰らん 


110509-5

110509-14 


一本の樫の木やさしさそのなかに

血は立ったまま眠れるものを


110509-8 

110509-17


テーブルの上の荒野も一語より

読書するまに少年老いて草雲雀


110509-9 

110509-10 

110509-11 


生命線ひそかに変へむために

わが引出しにある一本の釘


110509-12 

     こんな感じでゆっくりゆっくりと異空間を堪能して、ようやく


110509-18


110509-13 


      もとの世界に。

      「 三沢市寺山修司記念館 」。 ここにはまた戻ってこようと思います。 

      そのたびに、新しく見つかるものがいくつもありそうで。


      
スポンサーサイト

コメント

 

おかえりなさい♪
ふるさとの…の短歌はなぜか知っています。でもどこで知ったのかは思い出せない (汗
不思議なイスですね

 

寺山修司記念館には、おととし行ったことがありますが、本当に不思議な世界ですよね。ただ、季節が晩秋だったせいか、だいぶ建物の周囲が沈んだ感じでした。この写真を見て、また行ってみたくなっちゃった。行くなら五月がいいな。私は「生命線・・・」の短歌が好きです。

 

不思議な場所ですね?
建物も、オブジェも、木々も、チェアーも、
寺山修司なんですね?
行ってみたいです、拙者は雪がもうそろそろ降るかな?
という風が冷たく感じる季節が良いかな?
その方が、寺山修司が現れるような気がします。
行ってみたいです。

 

二十歳の頃寺山修二の世界にちょっとはまってた事思い出しました。私もいつか行ってみたいです。

 

ラグちゃん

まぁなんにしても、あんまり健康的な世界ではないですねぇ。笑
でも惹かれちゃうんですよね、この恐るべき多才ぶり。


ともちゃん

ふむ。やっぱりともちゃんは見かけに反して、アヤシイお人ですね。笑
でも私もその歌にいちばん惹かれるかな。短歌集あったら読んでみたいです。
私も、初めていったのが、春でよかったと思います。


ぽん太さん

是非行ってみてくださいね。
チェアー、どうなんでしょうか。寺山さんのものなら、もっと仕掛けがありそうな。
安心して腰掛けられないとか、痛いとか。。汗
晩秋の旅。もしそうされるなら、お泊りは是非どこかの温泉であたたまってくださいね!サムイヨ~。


松風ちゃん

そうですか、ハアってましたか。
是非行ってみてくださいね。遠いけど、わざわざ行く価値がありますよ!
一日過ごせるんじゃないかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nonomon15.blog71.fc2.com/tb.php/594-44c22625

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。