風のいちにち

<<隙間好き  | ホーム | そして、人も怯える>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職人さんがいるところ 

2009.11.26


   「本気の包丁」は、一本だけ持っている。

   結婚前に買ったもので、いっちょまえに名前まで入れてもらった。

   TV通販での衝動買いとはいえ、それは刀のようで、あまりにも切れるので、情けない話だが

   自分で砥ぐのはとても怖い。 なので自分で砥いだことはなく、製造元に送り返す「砥ぎサービス」

   を利用していた。

   でも、もし今度切れなくなったら、ここで砥いでもらおうと思っている。


砥ぎ屋さん


   堂々の存在感。
   
   大好きなお魚屋さんもこちらでお願いしてるらしいし、当たり前のようにいい仕事をしてくれるはず。

   プロの砥ぎ屋さんになんてかつて今まで行った経験のない私としては、 少しドキドキするがとても

   楽しみだ。

   ただひとつ、このお店、いつ開いていていつ閉まってるのかよくワカラナイところが難ですけれど。


スポンサーサイト

コメント

 

昔は街に、包丁鋏の砥ぎ屋、鋸目立て屋が来たり、
かけはぎから傘直し等全て補修しておりました。

不粋な人間は、直ぐに砥ぎ屋で生計が立つのかな?
こんな事が頭をよぎってしまいます。
そんな俗人の心配を他所に、店を構えているところが、
素晴らしいです。

 

寒太郎さん 別のお仕事もされてるんじゃないかしら、と勝手に想像しております。 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nonomon15.blog71.fc2.com/tb.php/63-1af3340e

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。