風のいちにち

<<雨降りつづく  | ホーム | お見送り>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の上で 

2011.08.23


110823
 

     
     7時間もかけて海を渡るのは、ン十年ぶり。

     昔々大阪で学生をしていたころ四国に帰省する際は深夜発、早朝着のフェリーだったから

     私にとって船旅はなんてことないのだけれど、夫は初体験で 少々ビビり中。 


110823-1 

    
     「海と山とどっちが好き?」と聞かれれば、以前はそんなのアタリマエ、「海!」だったけれど

     震災後、そう単純に「海が好き」とは言えなくなってしまってた。
 
     今まで感じたことのない、近づくのがとてつもなく恐ろしい気持ち、そして好きだなんて軽々しく

     口にするのがはばかれる気持ちと。

     だから実際自分が海の上にあるとき、どういう感覚になるのかドキドキしていました。


110823-2 

     
     でも!やっぱり気持ちいい。 さえない曇り空でも気持ちいい。

     大きく伸びをして、思いっきり海風に吹かれて、深呼吸。

     お天気が悪くて船が大揺れならば思いっきり後悔すること間違いないけど
 
     「やっぱり海が好き。」って、小さく胸の奥で叫んでみる。


110823-3 


110823-4 


110823-5 

     
     ジャンクフードもまた美味し。 だってフェリーですもの。


110823-6 

     
     港をはなれるとき、そして港に入っていくときの風情もたまりません。


110823-7 

     
     上陸の順番待ち、待たされても平気平気。 空間の縛りから解放されて飛び出す瞬間を

     今か今かと待つときが、子供にもどったようにワクワクします。


110823-8 


     久々に電源ONしたカーナビ 「フジコ」 、ただ今混乱中。 

     もう青森じゃないよ、でっかいどう!北海道!なんだから。






スポンサーサイト

コメント

 

初フェリー、大揺れじゃなかったみたいでよかったね。
夜の大揺れは、おそろしーよね。

わたしも瀬戸大橋ができてから、フェリーに乗ってないかも。
最後から2枚目はなつかしい写真やったわ。

 

盛岡に転勤になり札幌に帰ることが決まり嬉しい様な寂しい様な気持でフェリーで苫小牧に着いた記憶が蘇えってきました。夕焼けをみながら、さようなら~東北!ただいま~北海道と思いながら、なんだか涙があふれてきたことが昨日のことの様に懐かしく思いだしました。

 

しな

大揺れ、、、うっぷ。
初めて乗って大揺れだったら、二度と乗れないね。笑

フェリーってなんか不思議。
縛られてる空間と、甲板にでたときの解放感とのギャップがすごいというか。
んで、乗ってる人種(自分達含め)の多様さに驚く自分にオドロク。笑

 

shuchan

おお、アノ船旅の経験者ですね!
電車や新幹線で速く、便利に、海を渡ることができても、
フェリーで海を渡るという情緒は絶対得られないですよね。
ついつい急いで便利な方を選びがちだけど、経験されたことのない方には
いちどはお薦めしたいです。
ただし、揺れても責任もちませんけどー。笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nonomon15.blog71.fc2.com/tb.php/646-eaae2450

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。