風のいちにち

<<午前11時1分  | ホーム | 3月になった>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年たって 

2012.03.08


     「まぁ、無理やりポジティブに持っていくなら、こんなことがなければ出会えなかったワケで」 

     さようならの握手をしたあとで、その人は言った。  

     氷点下の闇の中、もうお互いの表情は見えなかった。  出会ってから約半年。


120309

     
     私たちとすれば本当に出会えてよかったのだけれど、去年の3月11日以降のそのご家族の

     過酷な避難生活のことを思えば、決して口にできる言葉ではなかった。

     最初の移住地となったこの町はやはり、被災地であり第一次産業の町ということで

     食べて応援、復興一色、放射能汚染に対して危機感なく、対策も消極的。

     そして学校で放射能は怖くないの教育を推し進めようとする自治体は、子供の内部被曝の

     リスクを最小限にとどめることを最優先とする彼らにとって、当然安住の地にはなれなかったと

     いうことだ。 

     今であれば、この町の低汚染。 降ってしまったという現実に真摯に向き合って対策を

     十分に取れば、さらなる汚染の拡がりを抑えることもできるのに。 守ろうとすれば、守れるものを。
 
     残念としか言いようがない。


     
120309-1
     
                                                「ねぇねぇ、お耳、撮って~」


120309-2


                                                  「わたしもわたしも!」


120309-3

    
                                                 「ねぇ、おてて、撮って~」


120309-4

    
                                               「わたしのもわたしのも!」



     今年の春、新しい土地で、彼の娘たちは思い切り野山をかけまわり、みどりの匂いを

     思う存分胸いっぱいに吸い込むだろう。 

     妻は毎日畑に出るだろう。 地域で採れるその土地の食べ物を楽しむことができるだろう。

     そして彼はいずれ、めげずにもういちど、家族のために可愛らしい家を建てることだろう、

     ( 「やっぱねーー、もういちど家建てたいんすよねーーー。」 ) 

     
120309-5


     以前のような可愛らしい、手造りの家を。


     今、私が願うこと。 それは、

     この家族が新しい土地で無事に穏やかに暮らせますように。

     この子たちが再び悲しい別れをしないですみますように。


120309-6
                                    
                                       ( 宮城県丸森町は、ココにある )


     一年たってこの原発事故のことを忘れかけているいそがしい大人たちがみんな、

     いまだ高線量の中で暮らす子供達のことを忘れないでいますように。 そして自分自身と

     自分の大切な人を守るため、こんな事故を 二度と起こさないために、必要な行動を勇気を持って

     起こすことができますように。  


 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nonomon15.blog71.fc2.com/tb.php/695-ffe2d4fc

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。