風のいちにち

<<走りたい  | ホーム | あたらしいこと、ひとつ>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き抜いていくために 

2012.05.18

     
     鎌仲ひとみ監督の 「ミツバチの羽音と地球の回転」を観たのは、ちょうど去年の今頃だった。

     その時は、一年後の今がこんなふうになってるなんて、想像もつかなかった。

     来年は?来年はどうなってるんだろう? そもそも、来年はちゃんと訪れてくれるんだろうか?

     悲観的になりがちな気持ちをぐいっと抑えつつ、これからの日々を生きていくにあたって

     大切なヒントになるであろう同監督の最新作 「内部被ばくを生き抜く」 を購入した。



120518



      ~未知なる危機に備えて~  鎌仲ひとみ監督
 

         『 2011年3月に起きた東日本大震災によって原発が4つも爆発してしまった、その後の

          世界に私たちは生きている。大量の放射性物質が放出され、広範囲に拡散したことは

          解っているが、ではどれだけ出たのか実は正確な情報がない。放射性物質は環境に

          溶け込み、生態系に入り込んだ。呼吸や汚染された水・食品を通じて引き起こされる

          内部被ばくは、この時代に生きる私たち全員の問題となった。

          これからいったい何が起きるのか、正確に予測できる人は実はいない。

          ただできることはありとあらゆる情報と可能性を吟味して、「命」を守る努力をすると

          いうことだ。放射能は様々な局面で「命」の脅威となりえる。

          私たちは生き抜かねばならない、そのためのささやかな助けになればと

          この作品を作った..... 』



「内部被ばくを生き抜く」 予告編

                    ※ クリックすると音声も再生されます。 ボリューム注意





     あわただしい朝の時間。 福島県二本松市に住む女性は毎日3人の子供のためにお弁当を

     作っている。 3度の尿検査で彼女の子供たちの体からは放射性セシウムが検出されてしまった。 

     お弁当を作りながらの女性と鎌仲監督との会話に、私は思わず涙してしまった。

     同じだ。 いま日本中でどれだけ多くの人たちが、どうかセシウムゼロでありますようにと

     祈りながら大切なひとたちの食事をつくっているだろう。



120518-3  


        
          「...今はセシウムさえ入っていなきゃいいみたいなね... 栄養は二の次で、彩りも

           二の次で。 その日ある、セシウムがはいっていない材料で、あ、きょうもセシウム

           ゼロだなぁと思いながら...」


          「きょうもゼロ?」


          「ゼロ!であってほしいですね... たぶん今日の落とし穴はないと思うんだけど...

           でもこれででも材料全部県外産だから...これで出るんだったらもう...ほんと日本中の

           人がみんなあぶないですね... 福島だけじゃない... 可能性はありますけどね....」


           「放射能は県境ではとまらない....」


           「そうそうそう... そうなんですよね...」



120518-1 



     ~グラデーションの世界~ 鎌仲ひとみ監督


         『 「内部被ばく」に関しては、低線量の放射線は安全である、に始まって、どんな微量でも

          身体の中に入った放射性物質は危険である、まで異説、異論がこの世界には存在する。

          それはまさしくグラデーションのような世界に見える。放射能汚染もまた、まだらな

          グラデーションを地上に描いている..... (中略) 内部被ばくの影響は複雑で未知の

          部分も多い。それでも、この4人の医師の声に耳を傾けることで情報が混乱する中でも、

          自分の立ち位置を見定めていただきたい。』



映画の上映予定、上映会、DVD購入は→  コチラ





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。