風のいちにち

<<8月がくる  | ホーム | 午後6時17分>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流れる雲を見つめていると 

2012.07.26


120726
 


     
     長く続いた雨があがってようやくの、この空の下で流れる雲を見つめていると

     悲しいことなどなんにも起こらなかったような錯覚に陥ってしまう。

     三陸沿岸で、東北で、この国の同じ空の下のどこででも、もう泣いている人なんかどこにも

     いないような、ぜんぶめでたく片付いてハッピーエンドになったかのような、そんな錯覚。

     けれど原発事故のために福島だけでも約16万人の方たちが避難されている現実。
 
     福島以外の東北・関東からも多くの方たちがそれぞれの判断で、北海道・西日本・九州

     四国・沖縄あるいは海外に避難や移住をされている、しようとしている現実。

     一緒に居たいと願う家族がバラバラに引き裂かれて暮らす現実。

     それはもうほんとうに、ただただ眩暈がしそうなほどに、ウソみたいだ。



          福島の復興・再生に向けた政府の取り組みについて (PDFファイル)
               
                 平成24年4月19日 復興大臣政務官 吉田 泉 (当時)





     
スポンサーサイト

コメント

 

私の発行しているzineに、映画館過疎地の藤沢で名画座を作るために準備をされている人のインタビュー記事を乗せるため、先日インタビューをしました。その方たちは被災地に移動映画館を継続的にされていて、モノが満たされている今、映画上映をすることで、失われた町での生活にあった楽しみの一つである「映画を観る楽しみ」を届けることの意義と、「自分にはそれくらいしか出来る事はないので」というある種の割り切りとを話してくれました。私はその方よりもさらに微力ですがそのことを記事にします。俯瞰でなにかを出来る力はないですが、そうして真摯にできることをほそぼそ続けるということで、ゲリラ戦をしているんだと思っています。

 

ゲリラ戦っていう表現が、とても好きです。
あれから多くの人が模索してますね、個人個人でやれるゲリラ線。
集団によるお手伝い、集団による抗議等の意志を表現する活動、それはそれでいいけれど
でもそうでなくたってかまわない。
誰かの指示まちでなくて、それぞれが考えて実行するゲリラ戦、
私もひっそりと実施中。笑

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。