風のいちにち

<<そろそろくるかな  | ホーム | 試行錯誤>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試行錯誤、続く 

2012.11.16


     あたしは別に、


121116 

     
     平べったいメロンパンを作りたかったワケじゃない。 

     こうなるハズだった ↓


121116-2 

     
     ころんころん。 可愛いじゃないか、美味そうじゃないか。

     (こちらは勿論 「 ポリ袋で作る天然酵母パン 」 より )



121116-1 


     いや実際美味いですよ、例え平べったくてもね。 こういうパンって、ちょっと気の利いた

     パン屋さんならフツーに売っている。 ええ好きなんですよワタシ、こーゆー平べったいパン。


     けれどイメージとの落差がとてもくやしかったのでもういちどトライ。 ちゃんとレシピを確認して。

     でもおんなじ、 膨らんでくれない。 なんで?

     そうだそうだ、こういうときは脱マニュアルだ!マニュアルにしばられてるからダメなんだ

     今はもう寒いし発酵しづらいし~!

     ということで、小麦の配合を勝手に変えて3度目に焼いてみたのがコチラ ↓
  

121116-3 


     うむ。 ちょっと成長したか。 さっきより少し膨らんだ気もする立派なこの、、、、


121116-4 


     甘食? (わかる年代の方にはわかるですね~)
     

     てな感じでがぜん無水鍋焼きパンが面白くなったので、甘いモノ好きな夫のために

     こんなものにもトライしてみることに。


121116-5 


     いつものおなじみ平和な光景。


121116-6



    二次発酵後。 あぁそうだ、朝の通勤電車はこうだった (ヤナモノ思い出した)。
    
    そんな記憶を打ち払い、イメージするのはこの焼きあがり。

    コレ ↓


121116-7 

     
     ほ。 美味しそうじゃないか。

     で、


121116-8 

   

     ナンデこーなる。笑

     レシピ通りやったのに~。 いや確かにつくったチーズクリームが何故かやわやわとろとろに

     なっちゃって、それを上からどばーーっと滝のように流し込んだ、それを焼いたわけですけども。

     (見た目酷かったのでそのときの写真は自粛)


     そうして味の感想を述べることもなく (想像どおりだったので)、次はいちばん自分として

     作りたかった、食べてみたかったコレにようやくトライ。 嬉しい。 

     これはイタリア料理好きならばご存じの料理研究家さん、 「有元葉子の無水鍋料理 」

     にあったイタリアン・フォカッチャ。


121116-9 

     
     にんにく、トマト、オリーブオイル。 オレガノはフレッシュがないのでドライで。

     これらが揃えば何だって私好み。美味しくなるのは間違いない。


121116-10 

     
     あぁ久しぶり。この想像どおりの出来。 いいねいいね、こちらはやはりワインと共に。

     にんにくが栗のようにホクホクになって美味すぎる。 満足。

     こうしていろんなアレンジでいろんな種類のパン等々を試行錯誤しているのですが

     私のいちばんの好みと言えば、昔っから


121116-11


     こういう歯ごたえのあるフツーのパン。 粉、塩、水、みたいな。

     色がちょっと薄いですがこの 「プチフランス」の出来、ほぼイメージどおり。 ヤッタ。


     無水鍋はアルミニウム合金製でとっても軽い。 けれどヤケドに注意、ホント注意。

     全体がタイヘン高温になるので、鍋つかみ必須。 注意注意。 そうわかっていても私は

     使い始めてからすでに2度軽いヤケドをいたしました。

     最初は鍋のフタを開けた際の蒸気で。不用意に手袋タイプでない鍋つかみでしかも

     持っていた右手元で蓋をあけてしまい高温の蒸気が指直撃。 中指から小指まで

     3本まとめて負傷。 幸い一晩たったら痛みは消えました。笑

     2度目は高温になったフタの置き場がなくてステンレスのシンクの上にしばらく置いていて、

     それを別な場所に移動しようとしたときに一瞬触ったシンクがとてつもない高温になっていて

     びっくり。 熱い!というよりシンクがそれほどまで高温になっていることにオドロイタ。

     というわけで、無水鍋をご利用の際はみなさまお気をつけくださいませ。

     こうして試行錯誤は続く。 でもヤケドはもうしないぞっと。




スポンサーサイト

コメント

 

フォカッチャは最高においしそー!!
でも、ほかのもどれもおいしそー。
あ、甘食知ってた(T_T)
やけど、気をつけてね。

 

プチフランスおいしそう。これにチーズとワインを加えたら、とびきりおいしいでしょうね!やけどには気をつけて、おいしいお料理作って下さいな。

 

しな

フォカッチャは最高に美味しい!
でも実はちょっとしたミスがあって。というのは、有元さんの本ではフタで(深さがない方)
焼いてたんだよね。そっちが取り出しやすい。写真のように深い方で焼くと、取り出すときに
鍋の内側に手が触れてしまってヤケドしそう~。無事だったけど。
それに気がついたのは火をつけてしまったあとデシタ。注意が足りん。笑
そんなこんなで、また色々やってみるね。



ともちゃん

ええ、もちろんチーズにワインでしたよ。贅沢!笑
これだけで十分なディナーなんだけど、でもなにかサイドディッシュ作った気がする。
でも、全然覚えてないです。笑 やけど、気をつけます。ありがとう。

 

おー。久しぶりに見たら旨そうなパンが焼けている。
というか蒸しあがっている。素晴らしい。
石窯ほしいですね。いつか薪の石窯。

 

おお、もーりやさん。笑

そちらはまだまだあたたかそうでいいですなぁ。じゅる>違
そうそう、やっぱり石釜ですよねーー。
もーりやさんはなんでも造ってしまいそうなのでいつかお願いしますー。
石釜とログハウス!ちいさなやつでOK。笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。