風のいちにち

<<もう3日  | ホーム | このときを>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

届いてますか 

2012.11.29


     もしかして、自分には関係ないと思ってる方もおられるかもしれないけれど。

    
     東京電力福島第一原発事故によって、日本国内の健康に関する権利が守られているか

     どうかを調査する目的で、11月15日から26日のあいだ来日していた国連人権理事会 

     特別報告者のプレス・ステートメントがあった。

     これはTVニュースや新聞で報道されているだろうか。 私はまだ目にしていない。


     達成可能な最高水準の心身の健康を享受する権利に関する国連人権理事会特別報告者

     アナンド・グローバー氏 (11月26日)

※ クリックすると音声も再生されます。 ボリューム注意  (日本語通訳もあり)





     
     この報告には、以下のような重要な指摘が含まれています。


        ・ (避難区域指定基準の) 年間20mSv という基準値は、1972年に定められた

          原子力業界安全規制の数字と大きな差がある       

        ・ 日本政府が定めた現行の限界値と、国内の業界安全規制で定められた限界値、

          チェルノブイリ事故時に用いられた放射線量の限界値、そして、疫学研究の知見

          との間には一貫性がない
       

        ・ 日本政府に対して、健康調査を (福島県だけでなく) 放射線汚染区域全体において

          実施することを要請
       
        ・ 日本政府に対して、放射線に被ばくした作業員全員に対してモニタリングや治療を

          施すよう要請
       
        ・ 日本政府は、早急に食品安全の施行を強化すべき
       
        ・ 一部の汚染除去作業が、住人自身の手で、しかも適切な設備や放射線被ばくに
         
          伴う悪影響に関する情報も無く行われている
      
        ・ 全ての避難者に対して、経済的支援や補助金を継続または復活させ、避難するのか、
         
          それとも自宅に戻るのか、どちらを希望するか、避難者が自分の意志で判断できるように
 
          するべき

        ・ 日本政府は、東京電力も説明責任があることを明確にし、納税者が最終的な責任を

          負わされることのないようにするべき


                   国連のサイト(会見の原文・日本語訳全文) → コチラ 
     

     こういう会見が一般の方たちに届かないということは、なんのためのプレス、なんのための

     マスコミなんだろうかと一年以上たっても相変わらず。 いややはり、これからもこんなことが

     続くのか。

     大きなためいき、またひとつ。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。