風のいちにち

<<秋から冬へ  | ホーム | 万作さんは泡のなか>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナザワセンセイのこと 

2009.10.10

  
   「岩手で車の免許持ってないのは、東京で地下鉄乗らないっていうくらいびっくりするよ。」

   杉並の永福町で長く働いていたという美容師さんの一言で、私はようやく重い腰を上げ、バスで

   片道40分かけて隣町の自動車教習所に通い始めた。

   その教習所にはユニークな先生が多く、私は、知りたくもないフキツな交通事故情報をいつも

   教えてくださる先生を「モグロ先生」とニックネームをつけたりして、ひそかに楽しんでいた。

   そしてそういう個性的な先生たちの中でいちばん、ハナザワセンセイは熱かった。

   少し薄くなった頭部、こけた頬の感じから50代後半かと思われたが、贅肉のない引き締まった体は

   いつも動きが軽やかで清々しい。白いジャージ素材のトップスを股上の深い白いジャージパンツに

   律義にきっちりと入れ、そのウエストには黒いベルトというのがいつものセンセイのスタイルだ。

   背筋まっすぐ、正義感の強そうなきりっとした眉、唇に静かな微笑み時々やんちゃ風とくれば、

   若いころはかなりイケてたんじゃないですかセンセイ!と掛け声をかけたくなるほどだ。

   2度目の授業を受けるころには、私はすっかりセンセイの隠れファンになっていた。


センセイ

 
   授業開始の5分前にドアを開けたセンセイは、白いプラスチックの「ハナザワ」プレートを黒板にかけ、

   礼儀正しく名前を名乗る。それから生徒の名前を呼びながら、ひとりひとりの目を見つめ、うなずき

   ながら顔を確認して授業を始める。センセイには、ベテラン教官にありがちな“こなれた”様子は

   微塵もない。右手に教本を持ったセンセイは、時に目を閉じあごを軽くあげ、左手のひじを柔らかに

   曲げて手のひらは空中にある何かを探すように動き、そう、カラオケで演歌の世界に没頭して唄う

   ひとたちのあの感じで、私たちに伝えるべき言葉を探しているようだ。


   「いいか~、人間はな、誰でもミスをするんだ、だから運転というのはな、いいか~、相手のミスを

   カバーできる余裕をもったもんでないといかんのだ」

   「車というのはな、いいか~、速く走ろうとする機械なんだ、それをな、いかにその状況にあった

   速度で遅くできるか、というのが運転者の技術なんだ」

   「判断に迷ったら、相手優先!いいか~」

   「上手下手じゃなく、確かな運転!いいか~、ハンドルでかわすよりまず徐行!」

  
   訛りが強く教本には載っていないセンセイの言葉は、東北暮らしたかだか1年の私にとっては

   難しく、時に追いつけず苦労したが、私はミミズのような文字でどんどん教本に書き込んでいった。

   センセイの授業だった日は、本を見返すとすぐわかる。どのページよりも手書きの文字がいっぱい

   なのだ。

   今回先生たちとの雑談で初めて知ったことだが、重大な交通事故があり、それが運転者の過失

   だった場合、警察から教習所に連絡が入り、時として後日その現場に呼び出されるそうだ。

   もし死亡事故に関わったのが自分の教え子、しかも卒業したばかりの若者だった場合の先生たちの

   心の痛みは計り知れない。モグロ先生は「毎朝新聞を開くのがこわいんですよ~」とうつむき加減に

   おっしゃっていた。

   もしかしたらハナザワセンセイもそんな悲しい体験をされていて、それがこんなにも心に響く言葉に

   結びつくことになったのかもしれないなどと、いらぬ想像をしたりする。

   恥ずかしながら、私はセンセイのそんな熱意が何故だか胸に深く沁みて、何度か目頭が熱くなった

   ことがある。今思い出しても恥ずかしい。一体誰が、学科中に涙をこらえたりするだろうか。


   卒業検定を間近に控えたある日、センセイの姿を覚えておきたくて、外のベンチに座ってこっそりと

   携帯のカメラを構えたことがある。センセイははるか向こうから、いつもの通り背筋を伸ばして

   私の左にある建物の入り口めざして歩いてきた。小さな写真でもいいじゃないか、あ、でももう少し

   近づいてから、あ、でも写真撮ろうとしてるのバレバレ~!とほんの少しまごついた私がシャッターを

   押そうとしたとき、さっきまで遠くにいたはずのセンセイは、なんと私の横をとおりすぎてしまった。

   ハ、ハヤイ、ハヤスギルヨー。。。

   写真は撮れなかったけど、センセイのこと忘れません。センセイがどうしても伝えたかった

   「安全運転」、しかと心に刻みました。会えてよかったです、ありがとう、センセイ。

スポンサーサイト

コメント

 

ってことは、免許とれたのかな~~!?

それにしてもすばらしい文章力。作家みたい。でも、私はこのことをずっと昔から知ってたからねん!!
「安全運転作文コンクール」(きっとあると思う)にだそー。

 

チェックはやっ(笑)!コンクールて!でもでもモグロ先生の立場がぁ~!

 

いいねぇ~!先生と呼ばれる立場の人がちょっといい感じ。。。
最近、熱い人との出会いが無くて。
良かったね。
安全運転よろしく。

 

了解!無謀な運転してる人がいると、センセイにはたかれればいいのに!って思います。笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nonomon15.blog71.fc2.com/tb.php/8-b5cbbaee

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。