風のいちにち

<<無題-29 (ごあいさつ)  | ホーム | 無題-27>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題-28 

2013.04.20

     
20130420-0      



     うんざりしているのだ。 
     
     おっとりとした豊かな山間の町での暮らしをただ記録し続けていたかったのに
     
     原発がどうの汚染がどうのだとここに書くことに。 書こうかどうかと迷う日々に。

     ほんとうは、以前のような穏やかな日常を過ごしていたい。

     不安なら、ぐらぐら揺れる地面だけで十分すぎる。

     
20130420-2



     うんざりしているのだ。
     
     かつて私が暮らしていた、大好きだった都市に今も住まうひとたちから 「そっちは大変だね」 と

     物憂げに声かけられることが。 何度言葉をのみこんだことか。

     「自分の足元をみてごらん」。 

     私の立つこの地よりもあなたの足元には、はるかに多く  「降っている」。
     
     それを知られたくないために、力を持った人たちは画面の中で口元だけに微笑をたたえて

     答えをはぐらかし、 ホームページで発表していますと言い、 肝心のところで画面を切り替え、

     週末に深夜に記者会見をくりかえし、わけのわからぬ単位にすり替えて数値を小さく見せ、

     目の前にわかりやすい人参をぶら下げることに躍起になっている。 


 20130420-1
   
 
  
     うんざりしているのだ。

     生産するひとと消費するひと、本来どちらも被害者であるはずなのに、「風評被害」の
 
     便利なひとことで責任転嫁し、安堵しているひとたち全てに。  そしてよその国のことになると

     がぜん元気になって騒ぎたてる類に。



     そして私はほんとうにうんざりしている。 こうやって、うんざりし続けている自分に。

     あの人たちよりも恵まれているのだから我慢しなければ。

     あの地よりもずうっと薄いのだからこの程度で不満をいうのはどうなのか。

     コレを書くと支障があるんじゃないか、誰かを傷つけるんじゃないか。

     そんなものから解放されて、多い少ないではなくて、細かな事情を問いもせずにただひとこと

     「それはほんとうに大変だったね」 

     そう言ってくれた、以前ならば誰もが持っていたごく当たり前の感覚を今も変わらず

     持ちつづけているひとたちの近くに、私は身を置こうと思う。



20130420-3








  

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。