風のいちにち

<<ちょっと寄り道  | ホーム | 四国ローカル>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁港を歩く 

2009.12.13


     いちばん近い海に行くには、

     家を出て、暖冬で雪もまばらなスキー場を横目にしながら高原の白樺林を通りぬけ、

     渓谷と高くそびえる岩だらけの山の間をぬって延々と続く、カーブだらけの国道を走って

     1時間ほどかかります。

     そうしてたどり着いたおとなりさん、久慈市にある漁港。


漁港1


     
     12月の白い空の下でも、そこに海があるというだけで気持ちがざわめきます。

     

漁港2

  
    
    当然ながら漁港というのは、海の匂いや魚の匂い、いろんなものが混ざった形容しがたい生々しい

    匂いがするのですが、 久しぶりの海はただただ嬉しくて、全然平気です。


漁港3

   
     大きくて立派な漁港には、お約束のように、おこぼれを待つかもめたちもいて

     

漁港4

     
     とりとめもなく歩いていると、

     遠い昔に幼い私の手を引いて父が早朝の魚市場に連れていってくれたこととか、

     小学生の頃に写生大会で、船がいっぱい停まっていた、けれど今はもうないかつての地元の

     中心だった小さな港に行ったことを思い出します。 

     ポンポン船の錆びた鉄の色を出すのに苦労して、絵具を塗り重ねすぎた画用紙が、

     そこだけ柔らかく毛羽立って破けそうになったこととか。  


漁港5

     
     そばの入江には寡黙な釣り人たち。 これもお約束です。

     なにが釣れるのかなー、声かけても大丈夫かなー。

     お邪魔にならないように観察しながら、釣り人の後ろ方向にふと目をやると、


漁港6

      
     どかーん!!


漁港8

 

     高さ4mくらいの巨大テトラポットの群れ、100基ほどが礼儀正しく出待ち中。 

     そしてその隣には、


漁港7

 
     これまたどかーん!!製作中のテトラポット!

     こういう状態、初めて見ました。 コンクリを固めているところでしょうか?

     こんな大きいものを大量にどかどか平気で置いておけるなんて、おとなりさんの実力をまざまざと

     見せつけられた気分です。

     すごいすごい!と感心しながらも、 「やっぱ、HEIYAがなせる技だよなー」 と羨望の眼差しを向ける、

     ささやかな細長い平野に住む、小さな私なのでした。

 

スポンサーサイト

コメント

 

冬の漁港風景、大好きです。私は漁港は見慣れているつもりでしたが、製作中のテトラポットは初めて!感動です。こういう大きな装置(?)がたくさん並んでいるのは本当に壮観ですね。漁港の常連のカモメについてですが、カモメって飛行がスマートなので、スラリとして貴族的な容姿をしているのかと思っていましたが、北海道の西海岸のカモメ君は、魚をよく召し上がって栄養をつけているせいか、意外とプクプクしているの。久慈市のカモメの様子はいかがですか?

 

ともちゃん 私も漁港好き。 北海道も平野がいっぱいあるから、テトラ製作する場所はきっとあるんですよね。どこだろう?見つかったら教えてください。笑 北海道のかもめたちは、随分食にめぐまれているのですねー。こっちのみなさんは案外シマっています。 なんでかな。

 

本当にこのブログは、勉強になりますね。
8枚の写真が、起承転結とストーリーに成っており、
不思議だったテトラポッド(私たちは濁音でした?)の製作現場と
製作方法(まるで深海探索機)まで分かってしまう。

テトラと言えば、あの牛乳のテトラパックは見掛けませんね?
何処で生きてますかね?

 

雑人さん テトラポッド(濁音)が正解でございます。流石。 あー、テトラパックはほんとに最近見かけません。でも、もしかしたらわが町のレトロなお店にはあるかも。。賞味期限チェック要ですが。笑 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nonomon15.blog71.fc2.com/tb.php/84-a9bc56b9

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。