風のいちにち

<<梅は青  | ホーム | 白いほう>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たぶん気のせい 

2014.06.03


     ほんの少し前のとても大切なニュースやどこででも見られた動画へのリンクがさっさと切られて、

     思うようにアクセスできなくなっている。 と感じるのは、たぶん気のせい。


20140603
 


     

Chage & Aska  " On Your Mark"
 
(現在この動画にアクセスできる稀少なサイト ↑ ですが、リンク切れになった場合ご容赦を)





   以下 『月刊アニメージュ1995年9月号での宮崎駿のOn Your Markインタビュー』 書き起こし。

   
   『詞をわざと曲解して作りました。』

      ――「警官」と「天使」なんて、まるで押井守さんの作品のようですね。

    宮崎:
    押井さんが天使が生まれるの、生まれないのとか、もったいぶってやっているから、さっさと
    出しちゃった(笑)。
    といっても、天使だとは言っていないし、鳥の人かもしれない。それはどうでもいいんです。

      ――6分40秒の中に、映画1本分の内容が詰っていると感じました。

    宮崎:
    暗号のようなものは、いっぱい入れてあるけれども。音楽映画だから、見た人の感じたように
    受け取ってもらってかまわないんです。

      ――冒頭の、のどかな田園風景の中に建つ奇怪な建物は何ですか。

    宮崎:
    どう解釈してもらってもかまいませんが。その直後に出てくる放射能注意のマークのついたトラックを
    見て、 何となくわかってもらえればいいと思うんです。地上には放射能があふれていて、もう人間が
    住めなくなっている。でも緑はあふれていて、ちょうどチェルノブイリの周囲がそうだったようにね。
    自然のサンクチュアリ(聖地)と、化している。で、人間は地下に都市を作って住んでいる。
    実際はそんな風には住めなくて、地上で病気になりながら住むことになると思いますが。

      ――このアニメは「On Your Mark」の音楽映画作品として作られていますね。

    宮崎:
    「位置について」という意味のタイトルだけれど、その内容をわざと曲解して作っています。
    いわゆる世紀末の後の話。放射能があふれ、病気が蔓延した世界。実際、そういう時代が
    来るんじゃないかと、僕は思っていますが。そこで生きるとはどう言うことかを考えながら、作りました。
    きっとそういう時代は、ものすごくアナーキーになっていく一方で、体制批判というようなことについて、
    ものすごく保守化しているんじゃないか。それはまだ失うものがあると思っているから。
    何にもなくなると、ただのアナーキーになっていって、のたれ死にが始まるんです。そういうものを
    紛らわしてくれるのは、「ドラッグ」や「プロスポーツ」や「宗教」でしょう? それが蔓延していく。
    そういう時代に、言いたいことを体制から隠すために、隠語にして表現した曲と考えてみた。
    ちょっと悪意に満ちた映画なんです(笑)。

     ――例えば「いつも走り出せば、流行の風邪にやられた」という歌詞の、「流行の風邪」というのは、
     放射能や病気に覆われた世界のことでしょうか?

    宮崎:
    (肯定も否定もせず)地球全体の歴史から見れば、人間の問題なんて流行の風邪みたいなもの
    ですからね。

     ――二人の警官が救い出す天使は、混沌とした世界の一筋の希望のようにも見えます。
     「僕らがそれでも止めないのは……」という歌詞の通り、天使を救出するシーンが何度も
     繰り返されていますが。何度かの失敗の後、混沌とした世界から、一筋の救いのように彼女は
     青空に飛び立つ。でも、警官たちは地上に取り残されて……。

    宮崎:
    彼女が救世主だったり、救出を通して彼女と心の交流があったというわけではないんです。
    ただ、状況に全面降伏しないで、自分の希望、ここだけは誰にも触らせないぞというものを持っていると
    したら、それを手放さなければならないのなら、誰の手にも届かないところに放してしまおうという。
    そういうことですよ。
    放した瞬間に、心の交流がちらっとあったかもしれないけれども。それでいい、それだけでいいんです。
    ……きっとまた彼らは警官の仕事に戻るんです。戻れるかどうか知らないけれど(笑)。

     ――戻る世界は、また「流行の風邪」の世界。

    宮崎:
    結局、いつもそこから始まるしかない。メチャクチャな時代にも、いいことや、ドキドキすることは
    ちゃんとある。
    ナウシカの 「我々は血を吐きながら、繰り返し繰り返し、その朝を越えて飛ぶ鳥だ」 です。




    5月20日付AV Watchより以下引用。
    ASKA逮捕の余波で宮崎駿監督BD-BOXが発売延期に。「On Your Mark」を抜き7月2日発売

    CHAGE and ASKAのASKAが覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された問題の余波で、6月18日
    発売予定であった宮崎駿監督の全11作品を収録したBD/DVD-BOX「宮崎駿監督作品集」の
    発売が7月2日に延期された。
    同作品集の映像特典として、CHAGE and ASKAの同名曲のプロモーションフィルム
    「On Your Mark」が収められていたため。
    「On Your Mark」(1995年)は、CHAGE and ASKAの同名曲のプロモーションフィルムとして
    製作されたもので、同作品集の映像特典として収録予定だった。
    しかし、ASKA逮捕を受けて、発売元のウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは、
    On Your Markの収録を中止。 その作業のため、発売日を7月2日に延期することとなった。
    また、On Your Markを収録していた既発売のDVD「ジブリがいっぱい SPECIAL ショートショート」
    の出荷を5月20日付けで停止した。
    BD/DVD-BOX「宮崎駿監督作品集」は、「ルパン三世 カリオストロの城」から「風立ちぬ」まで、
    宮崎駿が監督として手がけた映画11作品全てを収録したボックスセット。価格はBD-BOXが
    64,800円、 DVD-BOXが43,200円で、価格に変更は無い。




20140603-1



    そのアーティストの作品ひとつがあったという理由で既発売のDVDの出荷まで停止。

    何故にそこまでと私などは思ってしまうよ。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

お天気、いいかなぁ
最近の記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
Access
QRコード
QRコード
Ranking
Profile

nonomon

Author:nonomon
愛媛生まれ
大阪→サンフランシスコ→東京→札幌→東京、2008年秋から岩手→2013年春、第二の故郷へ

リンク
ブログ内検索
これまでのいちにち
www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。